bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

SD-Binding(エスディーバインディング)

最近よく耳にすることが多いSD-Bindingとは、SD Associationと4C Entity(IBM、Intel、松下、東芝の4社で構成されるデジタルコンテンツ著作権保護技術ライセンス組織)により規定された、高度な暗号化技術(CPRM:Content Protection for Recordable Media)を用いてSDカードにコンテンツを格納するための規格です。

コンテンツ格納の際に用いる暗号鍵が取り出せる条件を限定することで、コンテンツを復号化することが可能な対象(特定の機種や挿入されているFOMAカードなど)をしぼることができます。

SDカードへの格納はユーザ自身の操作によって行われますが、格納の条件については後述のSD-Bindingヘッダによりコンテンツプロバイダ側で指定します。SDカードの特徴である大容量を活かすことで、ユーザにとってはより多くのコンテンツを利用可能となり、端末のメモリを拡張するのと同等以上のサービスを提供することができます。
SD-Bindingは、より多くのコンテンツを端末に保存したいというユーザの要望により実現した機能です。

端末の高性能化およびコンテンツの質が増したことにより、コンテンツの容量は増大してきています。これに対し、端末メモリ容量を拡大することは難しくなってきています。

ということで外部メモリを利用し、外部メモリへのコンテンツ格納時に特定の条件で利用できるよう暗号化および管理することで、端末のメモリ拡張を実現するものです。


とにかく著作権保護コンテンツ、たとえば音楽データなどは携帯電話の内部メモリにのみ保存できませんでしたが、SD-Bindingを利用することで外部メモリであるSDカードやminiSDメモリカードなどに、著作権を保護しながらコンテンツを格納し、保存できるようになるといったものです。

他にも着うたでデータフォルダがいっぱいになった際に新しいコンテンツをダウンロードするにはデータを削除するしかありませんでしたが、SD-Binding機能が搭載されている携帯電話では、miniSDメモリカードを買ってきて、そちらに保存することで、容量の限りデータの保存できるというわけです。
この記事も読まれてます!
Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

コメントを残す

(任意)
(任意)

携帯用語辞典の人気エントリー

まだデータがありません。

本日の人気エントリー

まだデータがありません。

今週の人気エントリー