bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「高速充電」に必要なもの

iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plusでは充電機能も大幅に進化を遂げた。目を引くのはLightningケーブルを必要とせず充電パッドにiPhoneを置くだけで充電できる「ワイヤレス充電」だが、現在は5W出力のワイヤレス充電のみ対応しているため充電時間が長く、就寝中など利用シーンが限定されている。

充電を忘れた時など短時間でできるだけ多く充電したい場合は30分で最大50%の充電を謳う「高速充電」の方が魅力的だろう。

高速充電を利用するにはワイヤレス充電と同じく別途アクセサリを購入する必要がある。必要なものは29W/61W/87W USB-C電源アダプタとUSB-C – Lightningケーブルの2つ。USB-C電源アダプタは5,200円~と少し高額だが、12インチMacBook、13インチMacBook Pro、15インチMacBook Proに付属しているため、該当のMacBookユーザーは新たに購入しなくても良い。

29W USB-C電源アダプタ

29W USB-C電源アダプタ

USB-C – Lightningケーブルは1mが2,800円、2mが3,800円。ケーブルにしては高額だがフル充電までの時間を考えれば購入するだけの価値はある。なお、iPhoneに付属されているLightningケーブルは1mなので長さを選ぶ際の参考にできる。

USB-C - Lightningケーブル

USB-C – Lightningケーブル

フル充電までにかかる時間は?

フル充電までにかかる時間は?

バッテリー容量は「iPhone X」が2,716mAh、「iPhone 8」が1,821mAh、「iPhone 8 Plus」が2,691mAh。今回は最もバッテリー容量が多い「iPhone X」で高速充電を利用してみた。

まずは参考のため「iPhone X」をワイヤレス充電で充電してみたが、2時間で約50%、フル充電までには約5時間となった。現在は低速のワイヤレス充電しか利用できない状況ではあるが、体感としても非常に遅く、年内に提供と案内されている7.5Wの高速ワイヤレス充電が待ち遠しい。

さらに、通常のLightningケーブルで充電すると2時間で50%、フル充電までに約3時間30分かかったが、高速充電ではAppleの案内どおり、わずか30分で50%、フル充電までには通常充電のわずか半分となる約1時間50分となった。

フル充電までにかかる時間は?

これだけの短時間で充電できるため、夜寝る前にiPhoneの充電を忘れても朝の準備時間に充電すればフル充電できてしまう。忙しい日常での利用はもちろん、合間の時間に充電することも多い旅行でも活躍するはずだ。

おそらく今後発売されるiPhoneも高速充電に対応するはず。これからもiPhoneを利用し続けるのであれば、このタイミングで高速充電のアクセサリを購入しても間違いはない。お金で買える時間は膨大なものになるだろう。

「USB-C – Lightningケーブル」を購入

「29W USB-C電源アダプタ」を購入

この記事も読まれてます!

コメントを残す

(任意)
(任意)