bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

QVGA液晶とは

携帯用語辞典

QVGA液晶とは

QVGA液晶 (キューブイジーエーえきしょう)

QVGAとは、Quarter Video Graphics Arrayの略です。
つまりQVGA液晶とは、液晶パネル上で表示可能な領域が240×320(または320×240)ドットである液晶のことを指します。

ディスプレイの大きさとは関係なく、240×320ドット表示が可能であれば「QVGA液晶ディスプレイ」とされます。例えば3.8インチのディスプレイで240×320ドット表示が可能ならば「3.8インチQVGA液晶ディスプレイ」というわけです。

同じ解像度でも、ディスプレイサイズの小さい方がより高画質を楽しめるというわけです。
QVGAが普及し始めたのはドコモの505iシリーズからだと思います。
505iシリーズは全機種QVGA液晶を搭載しました。

最近では、WQVGAが徐々に普及してきていますが、更にソフトバンクの「904SH」やドコモの「N903i」がVGAを搭載していますが、これは情報化社会の影響からきているのではないかと思います。

情報量は当然QVGA<WQVGA<VGAという順になります。


■画面サイズはVGAを基本としています

携帯電話は今ではQVGA液晶が今までによく使われています。ちなみにQVGAはVGAの4分の一を示しています。このように画面サイズの表記はVGAを基本として表されています。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEモバイル

2019/02/20
LINEモバイル、本田翼さん起用の新テレビCMを公開

Galaxyの噂・最新情報

2019/02/20
折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のプレス画像が発表直前で流出

キャッシュレス

2019/02/20
メルペイ 、3月中旬にQRコード決済に対応。Android版は2月末以降に

LINEモバイル

2019/02/20
LINEモバイル、誰でも参加できる1年間・月額無料のキャンペーンをスタート
Recommendこんな記事も読まれています