Apple Music、Chromecastに対応か〜アプリからヒントが発見される

Apple Music

Apple Music、Chromecastに対応か〜アプリからヒントが発見される

3月26日に開催されたスペシャルイベント『It’s show time.』では、新製品は一切発表されず、雑誌読み放題サービス「a」、ゲーム遊び放題の「Apple Arcade」、動画見放題の「Apple TV+」といったサブスクリプション型の新サービスが発表された。

これらの新サービスが成功するかは不透明だが、数年前にスタートした音楽聴き放題の「Apple Music」は米国内ではSpotifyの有料会員を抜く(Digital Music News報道)など大きな成功を収めている。

スペシャルイベントでApple Musicに関する発表は何もなかったが、近くChromecastに対応するかもしれない。

最新版のアプリからChromecastに関するコードが見つかる

9to5Googleが、現地時間29日にGoogle Playで公開されたバージョン2.8.2のApple Musicアプリ(App Store / Google Play)を解析し、Chromecastをサポートするヒントを発見したと報告している。

Chromecastアプリは、SenderアプリとReceiverアプリで構成され、リモコンのような役割のSenderアプリでメディアプレイヤーのような役割のReceiverアプリを操作するイメージだ。

Receiverアプリにはいくつかの種類が用意されていて、インターフェースをカスタマイズするReceiverの場合はGoogleへの登録が必要になる。9to5Googleは、ReceiverアプリをGoogleに登録した際に発行されるアプリケーションIDをAndroid版のApple Musicから発見した。

さらに、アプリ内の定義体からは“Chromecast”の文字や“Stream your favorite music from your device to your TV.”(お気に入りの楽曲をテレビにストリーミングできます)といったメッセージも見つけたようだ。

これらが意味するのはApple Musicのキャスト対応だ。

Apple Musicがキャスト機能に対応することでApple Musicで配信されているミュージックビデオをスマートディスプレイやテレビの大画面にキャストして楽しめるほか、スマートスピーカーの「Google Home」にキャストすることでスマートフォンやタブレットよりも高音質で音楽を聴くことも可能になる。

現時点ではApple Music上にキャストアイコンは表示されておらず開発中のようだ。機能ごと削除される可能性もあるが、近い将来リリースされる可能性も低くはない。

なお、今年2月にはGoole Homeのアプリ上にApple Musicが表示されたことでGoogle HomeがApple Musicに対応か、と報じられていたが、その後削除された。この件に関してGoogleは「Apple Musicの対応はスマートフォンでGoogleアシスタントを利用するユーザーに向けたもので、Google Homeについて発表できることは何もない」と答えている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2021/01/21
Android 12、自動で容量節約できるアプリ休止機能が登場か

格安SIM

2021/01/20
MVNO委員会、ahamo対抗は「極めて困難」。接続料の引き下げを強く要求

キャッシュレス

2021/01/20
スマホ決済調査、d払いの利用急増。PayPayはダウン

au

2021/01/19
au、プラチナバンド5Gを2021年春に開始。Galaxy S20、Xperia 1 IIは非対応
Recommendこんな記事も読まれています