bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google、壁掛けできるスマートスピーカー「Nest Mini」を発売か

Google Home/Nest

Google、壁掛けできるスマートスピーカー「Nest mini」を発売か

Credit: Aaron Yoo

発売から2年がたち国内でもシェア3位の人気を誇るスマートスピーカー「Google Home mini」の次世代モデルが今秋発売されるようだ。

Google HomeシリーズをNestブランドに統合する方針のもと、デバイス名は「Google Nest Mini」に変更され、いくつかの新機能と改善が行われる。

サイズ・価格は変わらず、壁掛けできるマウントが同梱?

9to5Googleが信頼できる関係者から得た情報によると、Googleは2017年に発売した「Google Home Mini」の第2世代モデルの発売を計画しているそうだ。

ディスプレイ付きのスマートスピーカー「Google Home Hub」が、「Google Nest Hub」に改名されたように「Google Home Mini」も「Google Nest Mini」に変更される。ディスプレイが搭載されるわけではない。

コンパクトなサイズは、やや大きくなるもののほぼ変わらず、機能性やスマートスピーカーの入門機として手に取りやすい価格も大きく変わらないという。それでもいくつかのアップデートはあるようで、スピーカーはより大きな音を奏でられるようになり、低音など全体的に音質が向上するそうだ。

パッケージには「Google Home Mini」を壁掛けできるウォールマウントが同梱される。ウォールマウントはサードパーティのアクセサリとして人気でAmazon.co.jpでもコンセントに刺したまま壁に固定できる製品が多数出品されている。

新たにイヤホン端子も搭載されるようだが「Google Nest Mini」に挿してコンパクトなスピーカーで再生できるのか「Chromecast Audio」や「Amazon Echo」のように外部スピーカーに接続してより良い音を出力できるのかはわかっていない。

さらに、何かが近づいたことを認識できる近接認識機能が搭載される。Googleは次期スマートフォン「Pixel 4」にて、レーダーを活用することでデバイスに近づいた手の動きを認識して曲のスキップなどが可能な空間ジェスチャを実現するSoliチップを搭載することを明らかにしているが、家の中で起きていることや付近の動きなどを検出するためのさまざまなセンサーが搭載される可能性の方が高いという。こういったセンサーは「Nest Hub Max」「Nest Guard」「Nest Protect」などの製品にも搭載されている。

手を振ると曲をスキップできる「Soli」チップ

手を振ると曲をスキップできる「Soli」チップ

この他にも新色が追加される計画があるようだが、詳細はわかっていないとのこと。販売価格は現行モデルと同じく49ドルになるという。Googleは毎年秋に「Made by Google」を開催し新製品を発表しているが、その場で「Google Nest Mini」や「Pixel 4」などが発表される可能性が高い。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2020/10/22
ソフトバンク、2020-21年の学割開始。6ヶ月間・月額900円から

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12シリーズ、購入検討で「12」がダントツ人気。5Gが最も魅力に

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12、5G接続時に電池持ち悪化。Androidにも敗北

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問
Recommendこんな記事も読まれています