bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型iPad、あまりにも多い7つの未発表モデルが確認される

iPadの噂・最新情報

あまりにも多い7つの新型iPadが発見される

未発表の新型iPadとみられる5つのデバイスが今月始めにユーラシア経済委員会(EEC)のデータベースに登録されたが、新たに2つのデバイスが追加されたことがわかった。

ユーラシア経済委員会は、ロシア・ベラルーシ・カザフスタンなどの加盟国において電子製品の販売許可を与える権利を持つ機関。同委員会のデータベースには昨年発売されたiPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XRも発表前に発見されるなど信憑性が非常に高い情報源となっている。

7つの未発表モデルは、新型iPadと新型iPad Proか

MySmartPriceによると、EECのデータベースに追加登録されたのは「A2200」と「A2232」の2機種。これまでに存在していないモデル番号と、OSが今秋リリース予定の「iPadOS」となっていることから未発表の新型iPadであることがわかる。

モデル番号からどういったモデルになるのか特定することはできないが、的中率100%のリーカーCoinXや未発表のApple製品に関して確度の高い情報を伝えるMing-Chi Kuoのレポートによって有力視されていたのが第7世代の新型iPadだ。

しかし、第3世代のiPad Proや今年発売されたばかりのiPad Air、iPad miniに割り振られているモデル番号が4つずつであることを考えると、7つのモデル番号がすべて同一機種に該当するのだろうか。

Ming-Chi Kuoは、すでに発売されているiPad mini 5に加えて、10.2インチの第7世代iPadと2機種のiPad Proが今年発売されるとレポートしていたことから7つのモデル番号が別の新型iPadである可能性も考えられる。

なお、Appleは今年秋に世界初のゲーム遊び放題サブスクリプションサービス「Apple Arcade」を開始する予定。Appleはデベロッパーに開発費用を助成する力の入れよう。ファイナルファンタジーの生みの親である坂口博信やコナミ、セガなどが100を超えるApple Arcade用のゲームを開発中だ。

Appleが注力するサービスの開始に合わせて、多数の新型iPadを投入する可能性は十分に考えられる。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/08/23
NHK、民法ポータル「TVer」で見逃し配信開始。26日から

HomePod

2019/08/23
ついに「HomePod」が日本で販売開始。価格は32,800円

Android

2019/08/22
速報:Android、スイーツのコードネーム廃止。次期バージョンは「Android 10」に

AirPods

2019/08/22
iPhone 11、新型iPad、AirPods 3など年内登場するAppleの新製品が明らかに
Recommendこんな記事も読まれています