メルカリで5Gスマホの検索が急上昇:2021年メルカリトレンドワード

bio
Yusuke Sakakura公開日:2021/12/30 12:08

メルカリで5Gスマホの検索が急上昇:2021年メルカリトレンドワード

フリマアプリ「メルカリ」で集計された2021年のメルカリトレンドワード、急上昇カテゴリ、出品ワードマップが発表されました。

SamsungのGalaxy S21が5位にランクイン。XiaomiのRedmi Note 10 Proが8位、Redmi 9Tが9位にランクイン。メルカリは各携帯キャリアの5Gプラン拡大を受けて、スマートフォンの検索数が上昇したと分析しています。

メルカリトレンドワード2021

メルカリトレンドワード2021
  1. トミー ヒルフィガー
  2. 元彼の遺言状
  3. 呪術廻戦 ウエハース
  4. 鬼滅の刃クーナッツ
  5. Galaxy S21
  6. GTX 1070
  7. グッチ ドラえもん
  8. Xiaomi Redmi Note 10 Pro
  9. Xiaomi Redmi 9T
  10. ハッピーセット シルバニアファミリー

メルカリ内で2021年1月1日〜12月10日までに検索されたワードのなかで、2020年の検索数との差が大きいものを抽出した「メルカリトレンドワード2021」では、Z世代を中心に「平成レトロ」が話題になり、90年代ファッションの代表格としてビッグロゴのアイテムが有名な「トミーヒルフィガー」(Tommy Hilfiger)が1位に。

第19回このミステリーがすごい! 大賞受賞作品「元彼の遺言状」が2位、3〜4位には人気マンガの関連商品「呪術廻戦 ウエハース」と「鬼滅の刃クーナッツ」がランクインしています。

急上昇カテゴリー2021

急上昇カテゴリー2021
  1. ラバーベルト
  2. ポケモンカードゲーム
  3. フィギュア
  4. 植物/観葉植物
  5. ネイルパーツ
  6. CD(K-POP/アジア)
  7. スタジャン
  8. 水着(キッズ服100cm~)
  9. ネイルチップ/付け爪
  10. 虫類用品

メルカリ内で2021年1月1日〜12月10日までに購入されたカテゴリのうち、2020年の同購入数との差が大きいものを抽出した「急上昇カテゴリー2021」では、Apple Watch Series 7の発売による買い替えニーズを受けて時計用のラバーベルトが1位にランクイン。

ランキング全体では、昨年に引き続きステイホームで楽しめるカテゴリの取引が急増。インテリアとしてフィギュアや植物/観葉植物、自分磨き・趣味の時間としてネイルパーツやネイルチップ/付け爪などがランクインしたとのこと。

出品ワードマップ

出品ワードマップ

メルカリ内で商品を出品する際に使用されたワードのうち、今年特に使用された特徴的なワードを抽出し、頻度に応じた大きさで表現したワードマップは上記のとおり。

2021年の新刊発売や新アニメ公開などで人気を集めた呪術廻戦や東京卍リベンジャーズが多く使用されていることがわかります。ほかにもシリコンでできた型枠のシリコンモールド、プリザーブドフラワー、観葉植物など、家に彩りを加える商品の出品や若年層を中心に人気が高いカードゲームのキャラクター、リザードンVMAX、バドレックス関連の出品が増加したようです。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています