新型iPad Pro、目玉のミニLED搭載で今月発表か。発売直後は在庫不足に?

bio
Yusuke Sakakura

新型iPad Pro、目玉のミニLED搭載で今月発表か。発売直後は在庫不足に?

Appleが近いうちにハイエンドタブレットの最新モデル新型iPad Proを発売すると噂されている。

画面サイズは11インチと12.9インチの2種類で、12.9インチモデルには目玉となる次世代ディスプレイが搭載されるようだが、Bloombergによれば生産に問題が発生していて供給不足になる可能性があるという。

もしかすると発売直後はなかなか買えない状態になるかもしれない。

早ければ4月下旬に2つの新型iPad Proが登場

早ければ4月後半に発表される新型iPad Proの12.9インチモデルには、これまでの噂どおりミニLEDディスプレイが搭載されるという。ただし、品質を満たさない不良品が多く生産効率が悪いため、供給元の1社は生産を停止せざるを得なくなったそうだ。これにより出荷数が限定されたり、発売日が遅れる可能性があるとのこと。

新型iPad Proの目玉機能となるミニLEDディスプレイは、液晶に必要なバックライトを細分化することで液晶では再現が難しい“真っ黒”など色の再現性が向上する技術。画質改善のほかにも消費電力の向上が期待できるほか有機ELで発生する焼付きの心配がない。

ほかにもM1チップに匹敵する高速なプロセッサやより多くのアクセサリや外部モニターなどの周辺機器を利用できる高速なThunderbolt/USB-Cポート、改良されたカメラが搭載されるようだ。なお、新型iPad Proがすでにメディアレビュー用に貸出が始まっているとの噂もある。

リモートワークの急増で高まるタブレット需要に応えるため、Appleは最も低価格な新型iPadを軽量化・薄型化して今年発売し、7.9インチよりも大きなディスプレイを搭載する新型iPad miniも早ければ年内に発売するとも報じられている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています