bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone対応のワイヤレス充電器「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」レビュー

デザイン、機能性

ワイヤレス充電器はケーブル充電と違ってデザインも重要だ。机の上に常時設置するものがダサくて言い訳がない。「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」のボディはスリムな円錐状でiPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Pluとの相性も良いホワイトカラーを採用。高級な陶器のような雰囲気もある。

iPhone対応のワイヤレス充電器「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」レビュー

デザインに特化するのではなく機能性にも注力する。背面にガラスパネルを採用したiPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plusはプラスチックの上に置くと本体が滑って落ちてしまうこともある。

ワイヤレス充電では充電パッドの中心にスマートフォンを配置しないと充電性能が落ちてフル充電までの時間が長くなってしまう。「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」の中心には円形の滑りにくい素材を配置することで背面にガラスパネルを採用した新しいボディが滑らないため、いつも同じ性能で充電できる。

iPhone対応のワイヤレス充電器「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」レビュー

充電パッドの端には充電状況を示すLEDを配置。正常な状態を示す場合はグリーン、エラーの状態を示す場合はオレンジに点灯する。残念なのは充電中と充電完了時にLEDの表示が変わらないこと。充電量を確認するためにはホームボタンをクリックするか、Face IDを使って画面ロックを解除するか、電源ボタンを押す必要がある。ケーブル充電と同じだが煩わしさがある

iPhone対応のワイヤレス充電器「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」レビュー

ケーブル充電ではUSBが利用できるが、ワイヤレス充電はACアダプタが必要になる。ケーブル充電では複数のポートを搭載したUSB充電器を使えばコンセント1つで5つのデバイスを同時に充電することもできるが、「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」1台で充電できるのは1つのデバイスまでとなっているため、貴重なコンセント1つをiPhoneだけで専有してしまうことになる。また、ACアダプタのサイズも大きいため注意が必要だ。

iPhone対応のワイヤレス充電器「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」レビュー

充電性能

ワイヤレス充電だからといって充電性能、フル充電までにかかる時間は妥協したくない。ただ、ケーブルとワイヤレスの充電時間を検証・比較した結果、iPhone 8をフル充電するまでにかかった時間は5時間15分と、ケーブル充電に比べて2.5倍以上もの時間がかかった。

寝る前の充電であれば許容範囲だが少しでも早く充電したい場面においてワイヤレス充電は選択肢にならない。常時充電パッドの上にiPhoneを置いておくのであれば良いが、バッテリーの消耗を考えるとあまり良くない使い方だ。

ただ、検証時は5Wの通常充電時で本来のパワーを発揮できていない。年内に提供されるソフトウェアアップデートによって最大7.5Wまで出力を高め、充電時間が高速化されるため、その時には再度検証したい。

iPhone対応のワイヤレス充電器「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」レビュー

ワイヤレス充電で得られる「新体験」

iPhone対応のワイヤレス充電器「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」レビュー

完全なワイヤレスを実現したApple純正のイヤホン「AirPods」は、これまでのワイヤレスイヤホンにはない新しい体験を与えてくれた。耳に装着した瞬間にiPhoneで再生していた音楽が流れ、耳から外すと音楽が一時停止する。なんといっても面倒なセットアップをすべて省略し、一度iPhoneでセットアップすると、iPadやMacなどすべてのAppleデバイスでセットアップが完了するなどこれまでのワイヤレスイヤホンにはない革新的なものだった。

「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」にはそういった新体験はない。Androidで採用されていたものがただiPhoneにやってきただけで感動は薄い。現在のところ充電できるのはiPhone1台だけ、Apple Watchを充電することもできない。

新しい体験を得たいのであれば2018年に発売されるApple純正のワイヤレス充電器「AirPower」に期待するべきだろう。iPhone、Apple Watch Series 3、AirPodsを同時に充電できる。3台同時充電以外の機能やメリットは明かされていないがきっと素晴らしい製品になるはずだ。

ただ、3台同時充電がいらないのであれば、現在販売されているワイヤレス充電として「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」はオススメできる。Appleと密に連携して開発され、新型iPhoneに最適化されているため充電中にiPhoneが発熱することはなく、ガラスパネルを採用した新しいボディでも充電パッドからズレることはない。安価なワイヤレス充電にない魅力があることも確かだ。なお、下位モデル「Boost↑Up Qi Wireless Charging Pad (5W)」は出力が5Wのため、価格が約3,300円と価格が安い。USBで充電できるため高速充電が必要ないという場合はオススメできる。

「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」はApple StoreまたはApple Online Storeで6,980円で販売されている。「iPhone X」の発売が近づくと在庫不足になることが予想されるので早めの購入をオススメする。なお、今回使用した「iPhone 8」はモバレコ(mobareco.jp)でレビュー記事を公開する予定。劇的な進化を遂げたカメラは必見だ。

Apple Online Storeで購入する

この記事も読まれてます!

コメントを残す

(任意)
(任意)