bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2014-11-01 19:13:41
  • トップページ
  • ガジェット製品レビュー
  • レビュー:iPhone 6 / 6 Plusの液晶全面をカバーできる保護ガラス「iloome ScreenMate」
  • レビュー:iPhone 6 / 6 Plusの液晶全面をカバーできる保護ガラス「iloome ScreenMate」
    画面が大型化され、落としやすくなり、ガラスが割れたといった報告をよくみかけるiPhone 6 / 6 Plusですが、みなさんどのように対策を講じているでしょうか。

    自分はiPhone 5sで始めた使った強化ガラスに満足していたので、今回も購入しようと思っていました。

    しかしながら、iPhone 6 / 6 Plusの画面は丸みを帯びたラウンドエッジ加工が施されており、全面を保護できる製品が限られていてどれを購入しようか迷っている時にiloome Japan(イルーメジャパン)の方から「Screen Mate」を提供していただいたので、使用感をレポートしたいと思います。

    iPhone 6 Plusのディスプレイ全面を保護できる「Screen Mate」をレビュー

    iloomeより提供いただいたのはこちらのiPhone 6 Plus用の「Screen Mate」

    保護ガラスは、9Hの鉛筆硬度をほこりキズがつきにくく、飛散防止や指紋などの汚れ防止加工が施されており、気泡の入りにくい設計となっています。

    こちらが付属品。保護ガラス本体とダストリムーバー、液晶クリーナー、空気を抜くためのヘラ、ホームボタンシール、保護ガラスを貼るための説明書が入っています。

    ※送ってもらったのがサンプル品ということもあって少し付属品が異なっていました。製品版ではホームボタンシールは同梱されておらず、代わりに画面についた指紋を取るためのアルコールシートが付属されています。

    まずは、液晶クリーナーで指紋を拭きとって、

    液晶についた液晶クリーナーの繊維やホコリはブロワーで吹き飛ばします。

    準備ができたら保護ガラスを貼ります。

    あとは空気を抜いて、フィルムを剥がせば完成

    スピーカーホールの干渉もバッチリです。インカメラと照度センサーのところには穴が空いていないので貼り付け時に位置を気にする必要はありません。

    ホームボタン周りもバッチリ

    ホームボタンに関しては、保護ガラスの厚さが0.33mmと、iPhone 5sで使っていた製品よりも0.1mmも厚くて指紋認証しづらいのではないかと気になっていましたが、iPhone 6 / 6 Plusのホームボタンは画面とフラットにできているので、保護ガラスを貼ったiPhone 5sよりも指紋認証しやすいと感じました。

    iPhone 6 Plusの液晶パネルだけでなく、フロントパネルの端までしっかり保護されています。

    かなりiPhoneの端までガラスがかかっていますが、保護ガラスとiPhoneケースとの干渉はありません。

    保護ガラスの透明度は高く、見づらいといった印象はありません。

    保護ガラスとして重要なのはiPhoneを落とした時に画面が割れないかどうかです。

    自分で検証してみるのはさすがに怖かったので以下の動画の3分50秒〜が参考になるかと思います。鈍器のようなもので保護ガラスをバキバキに割っていますが、iPhoneのガラスには傷ひとつつけていません。その姿まるで弁慶の様・・・
    一方、不満な点もあってガラスの端がホワイトにカラーリングされているので端っこに影ができるなど、小さいながらも違和感があります。また、iPhoneのガラス全面を保護できるものの、ガラスの縁がラウンド加工されていない(そもそもできない?)のも少し気になるところ。
    そんな細かい不満な点はあるものの、使用感にはとても満足しています。上で紹介した動画を見る限り、保護ガラスは割れてもきちんとiPhoneの画面を保護することができており、強度についても満足できるかと思います。

    ちなみに、この製品は海外で人気が集中しているそうです。日本でも10月末ごろから発売が開始されたものの、海外同様に人気が集中しているのか、iPhone 6 Plusについては入荷予定日が約2週間後となっています。気になった方はチェックしてみてはどうでしょうか?
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ガジェット製品レビューの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー