bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型iPad Pro、10.5インチ・12.9インチの2サイズ展開か

iPadの噂・最新情報

新型iPad Pro、10.5インチ・12.9インチの2サイズ展開か

Photo by Ben Geskin

今月下旬以降の発表が噂されている新型iPad Proはノッチすらないフルスクリーンデザインになる可能性が高い。

ディスプレイに大きな注目が集まる新型iPad Proだが、最新の情報によればディスプレイのサイズ・解像度・縦横比は現行モデルから変わらないようだ。

噂されていた11インチモデルは存在せず?

MacRumorsがモバイル解析プラットフォームAppseeの解析結果を元に新型iPad Proの最新情報を伝えている。

Appseeが記録したログによると、新型iPad Proの識別子はiPad8,1、iPad 8,2、iPad8,3、iPad 8,4、iPad 8,5、iPad 8,8等となるようだ。アクセスログの信憑性は高いとは言えないが、先日、9to5Macが報じていた識別子と部分的に一致している。

ログからディスプレイの解像度も明らかになっており、iPad8,1〜iPad 8,4は1,112×834ポイント/2,224×1,668ピクセル、iPad 8,5とiPad 8,8は1,366×1,024ポイント/2,732×2,048ピクセルでいずれも現行のiPad Proと同じ。

iPad 8,1~iPad 8,4iPad 8,5、8,8
10.5インチ
1,112 x 834ポイント
2,224 x 1,668ピクセル
12.9インチ
1,366 x 1,024ポイント
2,732 x 2,048ピクセル

10.5インチモデルが11インチに変更されるとの噂もあるが、11インチモデルの存在が真実であれば解像度が現行モデルと一致する可能性は低そう。ログに記録されていないiPad 8,6とiPad 8,7が別の解像度であることも考えられるが、わずか0.5インチだけ違うタブレットを同時期にラインナップすることはありえないだろうか。

ノッチレス・ベゼルレスディスプレイや顔認証「Face ID」、iOSデバイスとして初めてUSB-Cの搭載が噂されるなどシリーズ史上最大のアップデートが実施される新型iPad Proは今月中旬から下旬に開催されるスペシャルイベントで発表と報じられていたが、メディア宛に招待状が発送されていないことから下旬以降の開催になる可能性が高い。著名なAppleギークは10月30日以降の開催を予想している。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2018/12/12
ポケモンGO、アップデートで新機能「トレーナーバトル」を追加

ソフトバンク

2018/12/12
ソフトバンク、超軽量の「AQUOS zero」を12月14日から予約開始。発売日は12月下旬以降

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

2018/12/12
4割超がスマートスピーカーに興味なし。所有率トップは「Echo Dot」

iPhone 7

2018/12/11
ワイモバイル、「iPhone 7」を12月20日発売。価格は実質3.3万円〜に
Recommendこんな記事も読まれています