bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

3月7日発売!イーモバイル初のLTEスマホ「STREAM X」を一足お先に触ってきた!

レビュー
3月7日発売の「STREAM X」を一足先に触ってきた!
イー・アクセス株式会社のイベントに参加してきました!

イベントでは、3月7日に発売されるイー・モバイル初のLTE・おサイフケータイ対応スマートフォン「STREAM X」を一足お先に触ってきたのでレポートします!

「STREAM X」ファーストインプレッション(ハードウェア編)

「かるっ!」そして「うすっ!」これが「STREAM X」を最初に手にした時の印象です。
薄くて軽い「STREAM X」
iPhone5より1m厚く、10g重いだけだからそう感じてもおかしくないんですけど、「STREAM X」の方がサイズが大きいぶんずっしり感はiPhone5よりなかったんですよね。なので持った感じは軽く感じます。

iPhone5と並べてみました。
「STREAM X」は4.7インチとiPhone5よりも0.7インチ大きいサイズのディスプレイを採用しているので端末のサイズも大きくなっていますが、ベゼル部分についてはiPhone5と同等なのでディスプレイのサイズ分だけ大きい感じですね。
iPhone5と並べてみた!

背面はマット仕様になっていて、指紋を気にせず扱えます!カメラまわりのデザインはちょっとちゃっちい・・・。
背面はマット仕様に

右の側面部には電源ボタンとカメラボタンが配置されています。
カメラボタンはカメラを起動中にシャッターを切れるだけでなく、長押しするとカメラアプリを一発で起動することができます。これは嬉しいな!
右側面には電源ボタンとカメラボタンが配置

左側面にはボリュームアップ/ダウンキーが配置されていました。
左側面部にはボリュームキーが配置

上部にはイヤホン端子とmicroUSBが配置されています。
これは好みが別れると思いますが、イヤホンジャックは下にあった方が取り回しが良いので個人的には下に配置して欲しかったなーと。下部には、マイクが配置されていました。端末上部にはmicroUSBとイヤホン端子が配置

そういえばストラップホールがなかった気がするなー・・・。

4.7インチの大きいディスプレイ、男の人が触っても持ち方を変えて対角線上に指がギリギリ届くかなーという感じでした。
開発段階で4.5インチからインチアップしたとのお話しがありましたが、確かにインチ数が大きい方がアピールにはなると思うんですが、操作性は4.5インチの方が良かったのではないかと。
対角線上に指がギリギリ届く感じ。

「STREAM X」は、LTE対応スマートフォンということでディスプレイ上部に「EMOBILE LTE」のロゴがプリントされていましたよと。
EMOBILE LTEのロゴがプリント

「STREAM X」ファーストインプレッション(ソフトウェア編)

「STREAM X」の特徴の1つでもある「Emotional UI」では、ロック画面からアプリを一発で起動することができるんですってよ!ロック画面からダイレクトにアプリを起動!

下方向(画面ロックの解除)を除いて、好きなアプリを割り当てることができました。よく使うアプリなんかを割り当てておけますね。僕だったらTwitter、Facebook、Reederって感じですかね。割り当ては自由に変更可能!

そして、この「Emotional UI」にはドロワーが存在しません!(ドロワーってのはインストールされているアプリやウィジェットを確認することができる画面です)
最初は戸惑ったんですが、「そういえばiPhoneもドロワーはないなー」と思ったら意外と馴染めました。ホーム画面にあまり使わないアプリが並ぶのが嫌という声も聞こえてきそうですが。
Emotional UIにはドロワーが存在しない!

文字入力アプリには「FSKAREN」がプリセットされていました。
通常の文字入力アプリで文字種を切り替えるには特定のボタンを連続的にタップする必要がありましたが、「FSKAREN」では文字種の切り替えがタブでできるようになっていて、文字種を切り替えるのに手数が要らないので高速で文字入力が打てるようになるかも。
文字種の切り替えが快適な「FSKAREN」をプリセット

テキスト選択が快適になりそうな専用のキーボードも。これは便利そう!
文字選択が快適になるキーボード

他にもスマートリーディングといった、テキスト選択後に選択したテキストの翻訳をしたり、Google検索したり、Twitterなどへの共有がスマートにできる機能が搭載されていたり!
テキスト選択後の機能が快適になるスマートリーディング

ディスプレイの色温度を自由に変更できる機能がついていたり!
色温度を変更できる機能まで!

デフォルトで再起動が利用でき

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2018/11/12
Twitter、ツイートの編集機能をいまだ検討中。誤字修正など限定的に?

Kindleセール情報

2018/11/11
200円均一、Kindleストアで「お料理本100冊フェア」が開催中

Kindleセール情報

2018/11/11
ビジネス・経済本など半額に、Kindleストアで「サンマーク出版セール」が開催中

Androidの小ワザ、裏ワザ

2018/11/11
iPhoneからPixel 3に写真などデータを移行・コピーする方法
Recommendこんな記事も読まれています