bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

下り150MbpsのLTEを体験するべく東京・原宿に行ってきた!

レビュー
下り150MbpsのLTEを体験するべく東京・原宿に行ってきた!
ドコモの2013-2014年冬春モデルから一部地域で下り150Mbpsというとてつもない通信速度でスマートフォンを使うことができます。

10月末に始まったばかりでまだまだ対応エリアは狭いわけですが、どんなものか体感するべく「ARROWS NX F-01F」を片手に東京・原宿へいって参りました!

150MbpsのLTEでは80Mbps超を計測!

しゃれおつな街、原宿の駅看板もどこかしゃれおつに感じたのでARROWS NX F-01Fでパシャリ。


ちなみに、下り150Mbpsの対応エリアは 神宮前1、4、6丁目周辺とされており、Googleマップで言えばこの辺です。

大きな地図で見る
まずは、原宿駅のホームから計測開始。

お次は原宿駅の出入り口で計測。

怖い外国人に声をかけられながら竹下通りで計測

来年のiPhone発売日にはここに並ぶかもしれないのでKDDIデザイニングスタジオの前でも計測

東急プラザ表参道原宿前の交差点で計測

ソフトバンク表参道でも計測(キャプチャ忘れたのでHistoryから・・・)

最後に神宮橋で計測

速度を表にまとめるとこんな感じ。
計測地点1回目2回目3回目
原宿駅(ホーム)37.48Mbps31.36Mbps39.50Mbps
原宿駅(出入口)38.89Mbps44.77Mbps45.17Mbps
竹下通り62.53Mbps57,74Mbps59.66Mbps
KDDIデザイニングスタジオ前47.31Mbps43.59Mbps45.68Mbps
ソフトバンクモバイル表参道店前48.48Mbps54.55Mbps54.89Mbps
東急プラザ表参道原宿前45.42Mbps47.31Mbps43.59Mbps
神宮橋81.97Mbps86.78Mbps74.22Mbps

原宿を1週する形で計測してみたわけですが、150MbpsのLTEにつながっている時にYouTubeで動画を見たり、容量の重いアプリをダウンロードしてみると、とても快適に利用することができました!!!

・・・と、言ってみたかったのですが、ぶっちゃけよくわからんかったです・・・

ただ、混んだ時間の原宿においてもこれまでWi-Fiでも見たことのない80Mbps超を計測し、最低でも30Mbpsオーバーを計測するというのは単純にスゴいなと思いました。

今はかなり限られた地域でのみ提供されていますが、数年後には喫茶店など屋内でもこれだけの数字が出るようになれば外出先での作業も今以上に捗るようになるかもしれませんね。

▼下り150Mbpsの対応エリアはこちらから確認できます。
関東・甲信越 「Xi」(クロッシィ)150Mbps対応エリア | お客様サポート | NTTドコモ

▼携帯総合研究所以外でもF-01Fをレビュー&モニターしているブロガーさんが多数います。他のブロガーさんの記事は以下のリンク先からチェックできますよ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2018/10/19
速報:Apple、10月30日に新型iPad Pro発表へ スペシャルイベントの開催を酷使

au

2018/10/18
2018-2019秋冬春モデルの価格・発売日・予約日まとめ(ドコモ・au・ソフトバンク)

au

2018/10/18
au、Xperia XZ3の価格を発表。一括9.9万円、実質4.9万円に

LINE Pay

2018/10/18
LINE Pay、オリジナル決済デバイスの月額料金は1,500円・6ヶ月間は無料に。申込受付スタート
Recommendこんな記事も読まれています