bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

突然ネットに繋がらなくなる?原因はChromecast、Google Homeかも

Chromecastの使い方

突然ネットに繋がらなくなる?原因はChromecast、Google Homeかも

ストリーミングデバイス「Chromecast」やスマートスピーカー「Google Home」といったGoogleデバイスが接続するWi-Fiのネットワークにおいて突然インターネットに接続できなくなる問題が報告されている。

デバイスの再起動、キャスト機能のオフで一時的に問題解消も

ここ最近、インターネットに突然繋がらなくなり、オンラインゲームのプレイ中に切断が発生したり、ストリーミングで視聴中の映画やスポーツの映像が止まってしまうことがあると感じた人もいるかもしれない。

Myceによると、ChromecastやGoogle HomeをAndroidと同じWi-Fiネットワークに接続すると、ASUSやLinksys、Netgear、TP-Link、Synologyといった多くのメーカーが製造するWi-Fiルーターが動作不能になったり、ネットに接続できなくなる現象が発生しているようだ。

TP-LinkはChromecastなどのデバイスは接続維持のために通常20秒間隔でパケットを送信するが、スリープモードからの復帰時に短時間で10万を超えるパケットを送信する事象を確認し、これによってWi-Fiルーターの主要機能の一部がシャットダウンすることがインターネットに繋がらなくなってしまう原因としている。

この問題を完全に解消するにはWi-Fiルーターのアップデートが必要だが、メモリを開放するために再起動するかAndroidのキャスト機能を無効にすることで一時的に問題を解消または軽減することができるとも説明している。なお、キャスト機能を完全に無効にするには同じWi-Fiのネットワーク内から切り離すしかないようだ。

9to5Googleによれば、既にGoogleは問題を認識しているとのことだが、ブログ等を通じた正式な発表はまだない。もし、原因不明でインターネットに繋がらなくなる経験があるなら、Wi-Fiルータのアップデートを確認することをおすすめする。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りを見直し 「半額サポート」の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」でアプリを終了する方法

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りの「半額サポート」を12月に見直しへ “2年後の選択肢増やす”

iPhone XS / XS Max

2018/09/21
ソフトバンク銀座で「iPhone XS」発売セレモニー開催
Recommendこんな記事も読まれています