bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

次期macOSの名称は「macOS Big Sur」に?

Apple Watch

次期macOSの名称は「macOS Big Sur」に?

いよいよ今夜開幕する開発者向けのビッグイベント「WWDC2020」

初日の23日午前2時からはスペシャルイベント基調講演が開催され、今年後半に配信されるiOS 14/iPadOS 14、macOS10.16などの次期ソフトウェアが発表される見込み。

開催直前になってアップデート内容の一部がWeiboに投稿されている。信ぴょう性は不明だ。

新製品の発表はなし

Bloombergの報道を皮切りに各リーカーがWWDC 2020で新製品の発表はないと伝えているがWeiboの投稿も同様に報じている。残念ながら紛失防止タグ「AirTag」やApple初の純正オーバーイヤーヘッドホンなどは発表されない可能性が高い。

macOS

Intel製のチップセットからARMベースのオリジナルチップセットへの移行計画が発表と報じられるなど大きな注目が集まるMac。次期macOSの名称は「macOS Big Sur」になるという。インターフェースのデザイン変更とSafriの大規模なアップデートが計画されているそうだ。

iOS 14

iOS 14においてはiPhone OSへの名前変更も報じられていたが、変更の可能性はないとのこと。BloombergのMark Gurmanも真実ではないとしている。

噂されていたとおりiOS 14でホーム画面が刷新されるようだ。Androidのようなウィジェット対応やアプリの配置変更(全アプリをリスト形式で表示できるとの噂がある)、ミニアプリ「App Clip」の追加、着信画面は全画面表示を強制しなくなるという。

iPadOS 14、watchOS 7、tvOS 14

iPadOSでは、iPadがMacのセカンドディスプレイになる「Sidecar」のデザイン刷新と手書き入力が改善されるとのこと。

watchOSでは文字盤を共有できるリンク機能や昨年秋にApple自ら存在をリークしていた睡眠分析と手洗いのモニタリング機能が追加されるという。Googleは新型コロナウイルス対策で一足先にwearOSに手洗いのリマインド機能を追加していたため、Appleが追従するのはごく自然なことだ。

tvOSではHomeKitのモニタリングが可能になるという。9to5Macは現在もSiri内蔵のリモコンを使ってHomeKit対応製品をコントロールできるが、Apple TV向けのHomeKit専用アプリ「ホーム」は用意されていないと補足している。

報じられた内容が合っているかは数時間後に開催されるスペシャルイベント基調講演で明らかになるはずだ。基調講演の視聴方法はこちらのページで詳しく解説している。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2020/11/28
30%オフ、スマホで家電操作「Nature Remo」がAmazonブラックフライデーに登場

セール

2020/11/28
Amazonブラックフライデー、microSDカードが安い。512GBは過去最安値

ニュース

2020/11/27
総務大臣、携帯料金値下げでKDDI社長に猛反論「どういうサービスを提供すべきか常識でわかると思う」

セール

2020/11/27
4,990円、ワイヤレスイヤホン「BeatsX」が最安値タイのセール中
Recommendこんな記事も読まれています