bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

バッテリ&急速充電器「Anker PowerCore lll Fusion 5000」レビュー

レビュー

バッテリ&急速充電器「Anker PowerCore lll Fusion 5000」レビュー

人気ブランドAnkerが「Anker PowerCore III Fusion 5000」を2020年6月30日に発売した。

モバイルバッテリーとUSB急速充電器を一体化させた製品として大ヒットしたPowerCore Fusionシリーズの最新作「Anker PowerCore III Fusion 5000」をレビューする。

GOOD

  • 帰ってきたモバイルバッテリー&USB急速充電器
  • 旅行や出張で役立つ製品
  • 新たにUSB Type-Cを搭載
  • 最大18Wの急速充電
  • 176gの軽量ボディ

BAD

  • パススルー充電に非対応
  • バッテリー容量減

Anker Japan

旅行や出張など持ち運びに優れた2-in-1の充電器

ついにPowerCore Fusionシリーズの最新モデルがついに登場した。

手のひらサイズでモバイルバッテリーにも、USB急速充電器にもなる初代モデルは発売直後から完売続きに。2代目モデルは充電性能が向上、モバイルバッテリーの容量が2倍にアップしたが理由非公表で発売中止になっていたため、待望の後継モデルだ。

Anker PowerCore lll Fusion 5000Anker PowerCore lll Fusion 5000
Anker PowerCore lll Fusion 5000Anker PowerCore lll Fusion 5000
白は最新モデル、黒は初代モデル

「Anker PowerCore III Fusion 5000」の特徴は充電性能が大きくパワーアップしたこと。

新たにUSB PDやQuick Chargeによる最大18Wの急速充電に対応したUSB Type−C端子を搭載したことで、約30分間で新しいiPhone SEは60%、Pixel 4aは45%まで充電可能。フルスピード充電に30W出力が必要なMacBook Airを約30分間で17%まで充電できることを確認している。

いずれも無操作状態で充電

MacBook Airも最大18W出力で充電

MacBook Airも最大18W出力で充電

充電ポートはもう1つ用意されている。PowerIQに対応した5V/2.4AのUSB Type-A端子を搭載。2台のデバイスを同時に充電する場合は合計最大15Wで充電可能だ。

最大15WでiPhoneとApple Watchを同時充電

最大15WでiPhoneとApple Watchを同時充電

充電のスピードアップだけでなく、イヤホンなどの小サイズ機器やスマートウォッチなどウェアラブルデバイスを最適な電流で充電できる低電流モードを搭載。バッテリーに負荷をかけず充電できる。

ボタンを長押しすると低電流モードに移行する

ボタンを長押しすると低電流モードに移行する

モバイルバッテリーの容量はiPhone 11やPixel 4を1回以上フル充電できる4,850mAh。モバイルバッテリーはコンセントに挿すことで約2時間40分でフル充電可能。バッテリー残量は専用ボタンを押すことで4段階で確認できる。

残念ながらパススルー充電には対応していない。モバイルバッテリーと接続しているデバイスを同時充電することはできず、接続したデバイスの充電が完了してからモバイルバッテリーの充電がスタートする仕様だ。

バッテリーの充電も壁に直挿しで

バッテリーの充電も壁に直挿しで

持ち運びに便利な折りたたみプラグを備えた本体のサイズは初代モデルに比べてわずかに大きくなっているが、手のひらサイズは変わらない。あまり使わなかった充電用のmicroUSBが削除され、バッテリー容量が150mAh減ったものの13g軽量化されたことで携帯性がアップ。

持ち運びに優れる旅行や出張時に最適な2-in-1のモバイルバッテリー&USB急速充電器になっている。

「Anker PowerCore III Fusion 5000」は10,000台限定で販売される。販売価格は税込み3,590円。Amazon.co.jpでは初回3,000個限定で20%オフの2,872円で販売されているため、購入を検討している場合は早めに決断しよう。

Anker PowerCore III Fusion 5000
Anker PowerCore III Fusion 5000¥ 2,872 (20%)PowerIQ3.0(Gen2):Anker独自技術PowerIQ3.0が新しくなりました。USBPowerDeliveryとの互換性...
Amazon.co.jpで確認

スペック

PowerCore III Fusion 5000PowerCore Fusion 5000
サイズ約78 x 71.5 x 30 mm約72 x 70 x 31 mm
重さ約176g約189g
入力100-240V=0.6AAC使用時: 100-240V=0.5A
USB使用時: 5V=2.1A
出力USB Type-A: 5V=2.4A
USB Type-C: 5V=3A, 9V=2A
AC使用時: 5V=2.1A
バッテリー使用時: 5V/3A
バッテリー4,850mAh5,000mAh

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2020/07/09
Android 11、画面録画でデバイスの音声も収録可能に

Android

2020/07/09
Android 11 ベータ2が配信開始。SDK/APIが最終版に

Android

2020/07/08
Android 11、正式配信日は9月8日か。Googleが明らかに

LINEの使い方

2020/07/08
「Keepメモ」の使い方。LINEのトークがメモ帳に
Recommendこんな記事も読まれています