iPad mini 6、新デザイン採用の金属模型が登場

bio
Yusuke Sakakura

iPad mini 6、新デザイン採用の金属模型が登場

Appleが来月開催するスペシャルイベントでは、iPhone 13やApple Watch Series 7に加えて、iPad mini 6が“史上最大のデザイン変更”で登場すると報じられている。

新たに公開されたiPad mini 6の金属製のモックは、分厚いベゼルやホームボタンの廃止を示唆しており、iPad ProやiPad Air 4に似た新しいデザインが採用されている。

CADデータを元に作成した模型か

昨年発売されたPixe 5や今年発売されたiPad ProのデザインのCADデータを入手し、正確な画像を公開したDavid Kowalskiが、秋発売が噂されているiPad mini 6の金型を公開した。

おそらく入手したCADデータを元に、アルミを削り出して作られた模型と思われる。

公開したTechordoによると、iPad mini 6がiPad Proに似た四角いデザインを採用しているとのこと。

フラットディスプレイは、左右対称の薄いベゼルで囲われ、画面上部にフロントカメラを搭載。フラットな背面には、前モデルよりも大きなシングルカメラが左上に搭載されるという。側面もフラットになったことで、iPad Proと同じように、Apple Pencilの充電スペースを確保したかもしれない。

なお、電源ボタンと音量ボタンはトップに配置されているが、正式なものではなく金型の欠陥である可能性があるそうだ。電源ボタンに指紋認証センサー「Touch ID」が内蔵されているかは不明だが、顔認証「Face ID」はコスト面から搭載を見送るものと思われる。

Appleは9月に開催するスペシャルイベントで、iPhone 13、Apple Watch Series 7、AirPods 3、iPad mini 6、さらに学生向けの低価格な10.2インチ、iPadの新型モデルを一斉に発表すると報じられている。

iPhone 13シリーズとシリーズ史上最大の変更と報じられているiPad mini 6、大幅なデザイン変更が報じられているApple Watch Series 7は大きな注目を集めそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています