bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

マッチングアプリの利用率は男女とも30% 顔写真の加工・詐称でトラブルも

アンケート・調査結果

マッチングアプリの利用率は男女ともに30% 顔写真の加工・詐称でトラブル多数

MMD研究所が「2019年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」を実施し、調査結果を発表した。

マッチングと出会い系は基本的に変わらないが、マッチングは恋活や婚活目的での利用が多く、料金体系は青天井の課金制ではなく月額料金を導入しているアプリが多い。App StoreやGoogle Playストアでは“安心安全なサービス”とアピールするアプリがほとんどだが、やはり危険なトラブルも潜んでいるようだ。

マッチングサービス・アプリの利用経験は男女ともに約30%

2019年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」の調査期間は2019年3月11日〜14日。スマートフォンを所有する20歳から49歳の男女1,179人を対象に調査された。

マッチングサービス・アプリを「知っている」と答えたのは25.7%で男女別では女性が27.2%、男性が23.6%となった。利用経験は認知度を超える30.2%で、女性は30.4%、男性は30.1%で現在もマッチングアプリを利用していると答えたのは男女ともに10%前後になっている。

利用しているまたは利用したことがあるマッチングサービス・アプリは「Pairs(ペアーズ)」が他を大きく引き離してトップに。満足度では「with(ウィズ)」と「ゼクシィ恋結び」が高くなっている。

マッチングアプリランキング

マッチングアプリで結婚できたのはわずか5%

使い始めた目的は男女ともに「恋活・恋愛」がトップ。「婚活」と「友達づくり」で利用し始めた人も多いようだ。

マッチングアプリで実際に出会った人と「現在付き合っている」「付き合っていたが別れた」「友達付き合いをしている」がそれぞれ20%前後、「結婚した」人はわずか5%未満。最も多いのは「実際に会ってみたが、それ以降はなにもない」となっている。

マッチングアプリで実際に出会った人とのその後

「40代なのにおじいちゃんが来た」

プロフィール写真の加工率

利用するプロフィール写真の加工率は男性の31.7%に対して、女性は53.3%と半数以上に。加工した写真がトラブルに繋がることも多く、以下のようなトラブル例が報告されている。

マッチングサービス・アプリで遭遇したトラブルで「顔の見た目(写真)の詐称」と回答したのは男女ともに35%前後となった。

プロフィール写真の加工率が高い理由は非常にわかりやすい。男女ともに60%前後が相手を選ぶ際に「顔」を重視すると答えている。意外にも男性よりも女性の方が相手の「年齢」を気にするようで、67.8%が相手を選ぶ際に年齢を重視すると答えた。

また、女性の42.1%が「恋活/婚活ではなく性行為を目的としていた」と回答するなど、マッチングアプリの危険性は出会い系とそこまで大差がないように思える。

マッチングアプリを利用したトラブル

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

未分類

2019/06/25
au PAYと楽天ペイ、共通QRコードを導入。対象加盟店で両方の決済可能に

キャッシュレス

2019/06/25
ついに日本上陸、スタバでレジに並ばずアプリで事前注文・決済が可能に

iOS 13

2019/06/25
iOS 13/iPadOSパブリックベータ版をインストールする方法

LINE Pay

2019/06/24
セブンイレブンで20%還元、LINE Pay/メルペイ/PayPayの合同キャンペーン
Recommendこんな記事も読まれています