Pixel 6aの発売はいつ?価格など噂まとめ

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/05/03 7:59

Pixel 6aの発売はいつ?価格など噂まとめ

Googleが開発中の最新モデル「Pixel 6a」が数ヶ月後に発売されるようです。Googleは誤って名前を公開し、Android内部からもヒントとなるコードが発見され、信ぴょう性の高い噂がいくつも報じられています。

昨年秋に発売されたフラグシップモデルのPixel 6シリーズはまったく新しいデザインのボディに、Google初の独自チップ「Google Tensor」を搭載するなどメガアップデートになりましたが、手ごろな価格で購入できるミドルレンジのPixel aシリーズもメガアップデートになるようです。

ボディはガラスとアルミフレームを組み合わせた高級感のある材質に一新され、背面の指紋認証がディスプレイに内蔵されることで机から持ち上げることなく、そのままスムーズに画面ロックを解除可能に。

背面には賛否のあるカメラバーを搭載し、Google Tensorチップによって写真に写り込んだ邪魔な被写体を消したり、音声を記録しながらリアルタイムで文字起こしできる高度な機械学習機能を活用した機能も搭載するようです。

この記事では、手ごろな価格ながら最新のデザイン、データセンターで採用されてきたチップをモバイル向けに最適化した独自のTensorチップ、高度なAI&機械学習を活用したデュアルカメラの搭載が報じられている「Pixe 6a」がいつ発売されるかなど、噂・最新情報をまとめています。情報は正式発表まで随時更新します。

目次

1分でわかる「Pixel 6a」の噂まとめ

1分でわかる「Pixel 6a」の噂まとめ

「Pixel 6a」の噂
  • Googleの公式リークによって商品名は「Pixel 6a」に
  • Pixel 6シリーズと同じ新デザインを採用
  • イヤホン端子がついに廃止に
  • フラットパネルのパンチホール付き有機ELディスプレイ
  • 画面の大きさは6.2インチ
  • 上位モデルと同じ独自チップ「Google Tensor」を搭載
  • Titan M2チップによる5年間のセキュリティアップデート保証
  • 性能を抑えた広角+超広角レンズのデュアルカメラ
  • 発表日は日本時間12日午前2時から開催のGoogle I/O 2022で
  • 発売日は多くの地域で7月28日に

「Pixel 6a」の発売はいつ?発表はいつ?

Googleは毎年秋から冬にかけてフラグシップモデルを発売し、翌年の春以降に性能抑えた手ごろな価格帯のミドルレンジモデルのPixel aシリーズを発売します。

ただし、2020年発売のPixel 4aは、春発売が噂されながらもスマートフォンの需要が急速に落ち込んだことで、延期を繰り返して8月に発売されました。翌年に発売されたPixel 5a 5Gは、半導体不足によってアメリカと日本の2カ国のみで発売される事態になるなど、新型コロナウイルスの感染拡大によって発売時期が読めない状況が続いています。

Pixel 6aの発売日についても当初は5月と噂されていましたが、残念ながら最新の情報では半導体不足を理由に7月まで延期されたとのこと。独自チップによって世界中のメーカー同士によるチップセットの取り合いから脱却したものの、半導体不足からは逃れられないようです。

最新の情報では、日本時間5月12日午前2時から開催されるGoogle I/O 2022の基調講演で正式発表され、多くの地域で7月28日に発売されるそうです。

なお、昨年発売されたPixel 5a 5Gがアメリカと日本の2カ国で発売されたことを考えると、日本市場に対するGoogleの優先順位は高く、日本ではもう少し早い時期に購入できるかもしれません。すでに米国では、スマートフォンを発売するために必要な認証機関を通過しています。

Pixel|XLPixel 2|2 XLPixel 3|3 XLPixel 3a |3a XLPixel 4|4 XLPixel 4aPixel 4a 5GPixel 5Pixel 5a 5GPixel 6|6 Pro
Pixel|XLPixel 2|2 XLPixel 3|3 XLPixel 3a |3a XLPixel 4|4 XLPixel 4aPixel 4a 5GPixel 5Pixel 5a 5GPixel 6|6 Pro
発表日2016年10月5日(水)2017年10月5日(木)2018年10月10日(木)2019年5月8日(木)2019年10月15日(火)2020年8月3日(月)2020年10月1日(木)2020年10月1日(木)2021年8月18日(水)2021年10月19日(火)
予約日2016年10月5日(水)2017年10月5日(木)2018年10月10日(木)2019年5月8日(木)2019年10月15日(火)2020年8月14日(金)2020年10月1日(木)2020年10月1日(木)2021年8月18日(水)2021年10月19日(火)
予約日2016年10月21日(金)2017年10月20日(金)2018年11月1日(木)2019年5月17日(金)2019年10月24日(木)2020年8月20日(木)2020年10月15日(木)2020年10月15日(木)2021年8月26日(木)2021年10月28日(木)

一新されるデザイン

Pixel 6aの発売はいつ?発売日など噂まとめ:一新されるデザイン

Googleは価格帯に左右されず、すべてのモデルに共通のデザインを採用しています。Pixel 6aシリーズも上位モデルと同じデザインを採用することがわかりました。

新デザインは光沢のあるメタルフレームをパンチホール付きのフラットパネルと、黒いカメラバーを搭載したガラスパネルでサンドイッチしたボディです。

これまでのPixel aシリーズは発熱に弱いポリカーボネート樹脂を採用していたことから激しい発熱を伴うワイヤレス充電の対応は見送られていましたが、熱に強いガラスとメタルを組み合わせた新素材になることでワイヤレス充電に対応する可能性もあります。

底面にはUSB-Cとスピーカー/マイク用のグリル、左側面にはSIMカード用のトレイが確認できるものの、イヤホン端子は見当たらずPixel aシリーズとして初めてイヤホン端子が廃止される可能性が高いようです。

これからは別売りの「Google USB-C – 3.5 mm アダプター」を使ってお気に入りの有線イヤホンを使い続けるか、USB-C端子の有線イヤホン「Google Pixel USB-C イヤフォン」またはGoogle純正のフルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」などワイヤレスイヤホンに切り替える必要があります。

なお、Pixel 6aのパッケージを撮影した写真が既に流出しています。真偽は不明ですが、これまでと変わらないパッケージデザインには、Google Pixelのロゴと機種名の「Pixel 6a」、そしてPixel 6aのボディがプリントされています。

これまでの噂どおりカメラバンプが特徴の新デザイン(Pixel 6シリーズと同じ)を採用するものの、カラーはツートーンではなく単色仕上げになるようです。

TECHXINE

大きさを比較

Pixel 6aの発売はいつ?発売日など噂まとめ:大きさを比較

Steve H.McFly

本体の大きさは約152.2 x 71.8 x 8.7mmで、カメラの厚みを含めると約10.4mmとのこと。

Pixel 6やPixel 5a (5G)に比べてひとまわり小さいサイズで、片手に収まるギリギリのサイズ感です。

かなり縦長なので両手操作または片手モードを利用しないかぎり、画面上部のアイコンやボタンは操作できないはずです。

ディスプレイ

Pixel 6aの発売はいつ?発売日など噂まとめ:ディスプレイ

Pixel 6aはミドルレンジモデルながら桁違いに高いコントラスト比で真の黒を表現できる有機ELを採用するようです。

画面の大きさはPixel 6よりもわずかに小さい6.2インチ。画面の上部中央にはパンチホールを備えています。映像のなめらかに繋がるリフレッシュレートの値は不明ですが、最大でも90Hzになるはずです。

流出したボディデザインには、指紋認証センサーが背面に搭載されていないことからディスプレイ内蔵型になるものと予想されます。机に置いたままでも画面に指を乗せるだけでスムーズに画面ロックを解除できるはずです。

デュアルカメラ

Pixel 6aの発売はいつ?発売日など噂まとめ:デュアルカメラ

新しいSamsung製のイメージセンサーを搭載したPixel 6|6 Proのカメラは非常に高く評価されています。これまでのPixel aシリーズは上位モデルと同じイメージセンサーを搭載していることからPixel 6aにも期待がかかるところですが、残念ながら広角レンズのイメージセンサーは2018年発売のPixel 3から5a 5Gまで搭載されていた12.2メガピクセルのIMX363を搭載するようです。

それを裏付けるようにPixel 6、Pixel 6 Proと画像を比較すると、Pixel 6aのカメラバーの大きさに明らかな違いがあることがわかります。

なお、Pixel 6aのメインカメラは広角レンズと超広角レンズで構成されるデュアル式で、超広角レンズとフロントカメラのイメージセンサーはPixel 6と同じ型番が採用されることがGoogle純正のカメラアプリから発見されています。

Google Tensorが実現するカメラ機能

上位モデルほど優れた写真や動画は撮れないものの、機械学習に優れた独自チップ「Google Tensor」によって、写真に写り込んだ不要なものを除去できる「消しゴムマジック」や人物の肌の色を正確に表現する「リアルトーン」、広角レンズと超広角レンズで撮影した画像を合成することで顔のブレを補正する「Face Unblur」、動いている被写体に躍動感をプラスする「モーションモード」といった優れたカメラ機能が利用できます。

しかしながら、Pixel 6aでは、カメラ性能が上位モデルに比べて大きく劣ることから、モーションモードやその他のカメラ機能が利用できないと報じられています。

背景に躍動感を与える「モーションモード」

背景に躍動感を与える「モーションモード」

独自チップ「Google Tensor」

Pixel 6aの発売はいつ?発売日など噂まとめ:独自チップ「Google Tensor」

独自チップ「Google Tensor」を搭載するハイエンドモデルに対して、手ごろなミドルレンジのPixel aシリーズは差別化のために従来と同じSnapdragonを搭載することも予想されましたが、Google純正カメラアプリの解析結果や発見されたベンチマークスコアから上位モデルと同じ「Google Tensor」を搭載することが判明しました。

Google Tensorは人工知能(AI)と機械学習(ML)モデルをインターネットを介さずデバイス上で処理できるチップです。

例えば、プライバシーを保護しながら写真を解析して不要なものを削除したり、人の肌の色を正確に表現したり、リアルタイムでの音声文字起こしが可能。セキュリティ用のTitan M2チップによって発売から最大5年間のセキュリティアップデートも実現しています。

基本性能もPixel 5|5a 5GのSnapdragon 765 5Gに比べてCPUが最大80%向上。ゲームなど高度なグラフィックスを処理するGPUも最大370%向上しました。

性能を数値化したベンチマークスコアを計測できるGeekbench 5にはモデル名「Google Pixel 6a」のスコアが登場しています。性能は上位モデルと同等のスコアを記録していてメモリの容量は上位モデルよりも少ない6GBが搭載されています。

価格と容量

Pixel 6aの発売はいつ?発売日など噂まとめ:価格と容量

現時点でPixel 6aの販売価格に関する情報はありませんが、Pixel 6の74,800円以下になることは間違いなさそうです。

同じPixel aシリーズのPixel 5a 5Gは51,700円、Pixel 4a 5Gは60,500円、Pixel 4aは42,900円、Pixel 3aは48,600円、Pixel 3a XLが60,000円であったことを考えると5万円〜6万円と予想されます。

Pixel 4a以降のストレージ容量は128GBの1種類のみラインナップされているので同じく128GBのみ用意される可能性が高そうです。

ちなみに、Pixelスマートフォンの購入者特典として提供されていたGoogleフォトの容量無制限アップロードはすでに廃止されています。

Pixel 6aとPixel 6|6 Proの違いを比較

Pixel 6aPixel 6Pixel 6 Pro
デザイン

Pixel 6a

Pixel 6

Pixel 6 Pro

カラー Cloudy WhiteStormy Black Sorta SeafoamKinda CoralStormy Black Cloudy WhiteSorta SunnyStormy Black
材質 ガラスとメタルフレーム ガラスとテクスチャ加工の合金製フレーム ガラスとポリッシュ仕上げ合金製フレーム
価格と容量 ?
  • 128GB:74,800円
  • 256GB:85,800円
  • 128GB:116,600円
  • 256GB:127,600円
大きさ 152.2 x 71.8 x 8.7~10.4mm 158.6 x 74.8 x 8.9 mm 163.9 x 75.9 x 8.9 mm
重さ ? g 207g 210g
ディスプレイ
  • 6.2インチ
  • 有機EL
  • フルHD+
  • 6.4インチ
  • 有機EL
  • 1,080 x 2,400ピクセル
  • 411ppi
  • スムーズディスプレイ
    • リフレッシュレート最大90Hz
  • アスペクト比 20:9
  • Gorilla Glass Victus
  • 常に表示状態のディスプレイ
  • 高輝度モード
  • コントラスト比1,000,000:1
  • HDRサポート
  • 24ビットフルカラー
  • 6.7インチ
  • LTPO 有機EL
  • 1,440 x 3,120ピクセル
  • 512ppi
  • スムーズディスプレイ
    • リフレッシュレート最大120Hz
  • アスペクト比 19.5:9
  • Gorilla Glass Victus
  • 常に表示状態のディスプレイ
  • 高輝度モード
  • コントラスト比1,000,000:1
  • HDRサポート
  • 24ビットフルカラー
メインカメラ
  • デュアルカメラ
  • 12.2MP 広角レンズ
    • Sony IMX363
    • ピクセル幅 1.4μm
    • 絞り値 ƒ/1.7
    • 画角 77°
    • 光学式手ぶれ補正
  • 12MP 超広角レンズ
    • Sony IMX386
    • ピクセル幅 1.25μm
    • 絞り値 ƒ/2.2
    • 画角114°
    • レンズ補正
  • デュアルカメラ
  • 50MP 広角レンズ
    • ピクセル幅 1.2μm
    • 絞り値 ƒ/1.85
    • 画角 82°
    • イメージ センサー 1/1.31インチ
    • 超解像ズーム最大7倍
    • 光学式手ぶれ補正
  • 12MP 超広角レンズ
    • ピクセル幅 1.25μm
    • 絞り値 ƒ/2.2
    • 画角114°
    • レンズ補正
  • レーザー検出オートフォーカスセンサー
  • スペクトル センサー
  • フリッカー センサー
  • 高速なカメラ起動
  • トリプルカメラ
  • 50MP 広角レンズ
    • ピクセル幅 1.2μm
    • 絞り値 ƒ/1.85
    • 画角 82°
    • イメージ センサー 1/1.31インチ
    • 光学式手ぶれ補正
  • 48MP 望遠レンズ
    • ピクセル幅 0.8μm
    • 絞り値 ƒ/3.5
    • 画角 23.5°
    • イメージ センサー 1/2 インチ
    • 光学ズーム 4倍
    • 超解像ズームと望遠カメラ最大 20倍
    • 光学式手ぶれ補正
  • 12MP 超広角レンズ
    • ピクセル幅 1.25μm
    • 絞り値 ƒ/2.2
    • 画角114°
    • レンズ補正
  • レーザー検出オートフォーカスセンサー
  • スペクトル センサー
  • フリッカー センサー
  • 高速なカメラ起動
フロントカメラ
  • 8MP
  • ピクセル幅 1.12μm
  • 絞り値 ƒ/2.0
  • 固定フォーカス
  • 超広角な画角 84°
  • Sony IMX355
  • 8MP
  • ピクセル幅 1.12μm
  • 絞り値 ƒ/2.0
  • 固定フォーカス
  • 超広角な画角 84°
  • 11MP
  • ピクセル幅 1.22μm
  • 絞り値 ƒ/2.2
  • 固定フォーカス
  • 超広角な画角 94°
カメラ機能
  • 消しゴムマジック
  • モーションモード
  • リアルトーン
  • 顔のぼかし解除
  • パノラマ
  • 手動によるホワイトバランス調整
  • ロックされたフォルダ
  • 夜景モード
  • トップショット
  • ポートレートモード
  • ポートレートライト
  • 超解像ズーム
  • モーションオートフォーカス
  • よく撮影する人
  • デュアル露出補正
  • Live HDR+
  • 消しゴムマジック
  • モーションモード
  • リアルトーン
  • 顔のぼかし解除
  • パノラマ
  • 手動によるホワイトバランス調整
  • ロックされたフォルダ
  • 夜景モード
  • トップショット
  • ポートレートモード
  • ポートレートライト
  • 超解像ズーム
  • モーションオートフォーカス
  • よく撮影する人
  • デュアル露出補正
  • Live HDR+
  • 消しゴムマジック
  • モーションモード
  • リアルトーン
  • 顔のぼかし解除
  • パノラマ
  • 手動によるホワイトバランス調整
  • ロックされたフォルダ
  • 夜景モード
  • トップショット
  • ポートレートモード
  • ポートレートライト
  • 超解像ズーム
  • モーションオートフォーカス
  • よく撮影する人
  • デュアル露出補正
  • Live HDR+
動画撮影
  • メインカメラ
    • 4K:30,60fps
    • 1080p:30,60,120,240fps
  • フロントカメラ
    • 4K:なし
    • 1080p:30fps
  • メインカメラ
    • 4K:30,60fps
    • 1080p:30,60fps
  • フロントカメラ
    • 4K:なし
    • 1080p:30fps
  • シネマティック撮影
  • スローモーション動画
    • 最大240fps
  • 4K タイムラプスと手ぶれ補正
  • 天体写真のタイムラプス
  • 光学式手ぶれ補正機能
  • 動画手ぶれ補正
  • 4K シネマティック撮影動画手ぶれ補正
  • 4K 動画手ぶれ補正(固定)
  • 1080p 動画手ぶれ補正(アクティブ)
  • デジタルズーム 最大7倍
  • 動画形式
    • HEVC(H.265)
    • AVC(H.264)
  • ステレオ録音
  • 音声拡張
  • ウィンドノイズ低減
  • 音声ズーム
  • メインカメラ
    • 4K:30,60fps
    • 1080p:30,60fps
  • フロントカメラ
    • 4K:30fps
    • 1080p:30,60fps
  • シネマティック撮影
  • スローモーション動画
    • 最大240fps
  • 4K タイムラプスと手ぶれ補正
  • 天体写真のタイムラプス
  • 光学式手ぶれ補正機能
  • 動画手ぶれ補正
  • 4K シネマティック撮影動画手ぶれ補正
  • 4K 動画手ぶれ補正(固定)
  • 1080p 動画手ぶれ補正(アクティブ)
  • デジタルズーム 最大20倍
  • 動画形式
    • HEVC(H.265)
    • AVC(H.264)
  • ステレオ録音
  • 音声拡張
  • ウィンドノイズ低減
  • 音声ズーム
チップ Google Tensor
GS101
Google Tensor
GS101
Google Tensor
GS101
メモリ 6GB 8GB 12GB
電池持ち ?
  • 24時間以上の電池持ち
  • バッテリー容量
    • 最小4,524mAh
    • 最大4,614mAh
  • 約30分間で最大50%の充電
  • 24時間以上の電池持ち
  • バッテリー容量
    • 最小4,905mAh
    • 最大5,003mAh
  • 約30分間で最大50%の充電
ワイヤレス充電 ?
  • Qi ワイヤレス充電:最大12W
  • 急速ワイヤレス充電:最大21W
    • Pixel Stand(第2世代)利用時
  • バッテリーシェア
  • Qi ワイヤレス充電:最大12W
  • 急速ワイヤレス充電:最大23W
    • Pixel Stand(第2世代)利用時
  • バッテリーシェア
オーディオ ?
  • ステレオ スピーカー
  • マイク x 3
  • ノイズ キャンセレーション
  • ステレオ スピーカー
  • マイク x 3
  • ノイズ キャンセレーション
5G Sub6 Sub6 ミリ波
Sub6
セキュリティ ディスプレイ内蔵指紋認証センサー ディスプレイ内蔵指紋認証センサー ディスプレイ内蔵指紋認証センサー
コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています