日本の携帯料金、値下げも海外比で高額に〜2019年度

アンケート・調査結果

日本の携帯料金、値下げも海外比で高額に〜2019年度

6月30日、総務省が国内外6都市の携帯電話における料金差の調査結果を発表した。

菅官房長官の「日本の携帯料金は海外と比べて高すぎるのではないか。4割程度下げる余地がある」との発言から2年が経過し、昨年は料金改定が実施されたが、依然として高額になっていることがわかった。

4割値下げ発言も値下げは最大2割に留まる

サブブランドを含むトップシェア3社が提供するプランのうち最も安い料金プランを比較した結果、日本の料金は2GB・5GBで中位の水準、20GBで高い水準になった。

日本の携帯料金の変化を見ると、過去3年度において20GBはわずか2%の値下げに留まり、2GBと5GBは逆に値上げになっている。

海外との料金差料金の推移

最もシェアが高い事業者の料金プランにおいてはいずれもニューヨークに次ぐ高さ。20GBにおいては6都市中トップの高さになった。

日本の料金(ドコモ)は2GB/月で5,150円、5GB/月で6,250円、20GB/月で8,175円。過去6年度において2GBと5GBは2割強値下げされ、過去4年度において20GBは1割値下げされているが、2018年度の4割値下げは実現せず、約5%〜20%の値下げに留まっている。

海外との料金差料金の推移

日本では昨年10月に電気通信事業法が改正された。端末価格の割引が上限2万円に規制され、2年縛りの違約金が9,500円から最大1,000円に値下げ、2年契約あり/なしプランの価格差が月額170円以下に規制され、各社は新料金プランを提供したが、海外と比べて依然として高額になっている。

なお、格安スマホ(MVNO)の料金においてもニューヨークに次ぐ2位の高さで過去3年度において料金は大きく変わっていない。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2021/03/02
Google Pixelに新機能追加。水中カメラや録音データの自動バックアップなど

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
iPhone 13、全モデルにLightning搭載か。バッテリー容量増で電池持ち改善も

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
折りたたみiPhone、画面サイズは最大8インチ?発売時期は早くても2023年か

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
iPhone 14は新デザイン導入か。ノッチ廃止→パンチホール採用?
Recommendこんな記事も読まれています